豊胸手術でバストアップ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊胸手術方法
豊胸手術にはいくつかの方法があります。現在、一般的な方法として、バッグ法があります。バストの中にシリコンや生理食塩水などのバッグを挿入してバストアップする方法です。バッグはワキの下や乳房の下を切開して入れます。また、体の中に異物を入れることに抵抗がある場合は、脂肪注入法があります。自分自身の余分な脂肪をバストに注入する方法ですので、お腹などの贅肉が気になる場合はダイエットも兼ねた方法です。しかし、バッグ法に比べると理想どおりにはならないため、理想のバストを求める場合は、この方法は向いていません。
スポンサーサイト

女性のバストを知る
女性のバストは女性ホルモンの影響により変化します。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、エストロゲンは卵胞ホルモンから分泌され、女性らしい体つき、バストのハリなどに影響を与えます。エストロゲンの分泌は排卵直後が最も多く、排卵後は減少して、続いてプロゲステロンが分泌され、受精がなければ月経として体外に排出されるのと同時にバストのハリも減少していくことになります。

豊胸したい理由
豊胸したい理由は人それぞれです。10代の時からバストが小さくコンプレックスを感じていたり、結婚して子供を生み授乳後にバストが下がってしまったりと人それぞれの悩みがあります。乳腺とバストの大きさには関係があり、乳腺の層が厚ければ、胸が大きくなるそうですが、乳腺が薄い場合は、どうしようもありません。

豊胸は必要?
豊胸は、小さいバストを大きくすることです。女性であれば、もっと豊かで美しいバストを手に入れたいという願いは誰もが持っていますが、豊胸といってもただ大きくするのではなく、ハリを持たせたり垂れた乳房をリフトアップしたりすることをいいます。バストに関する悩みは、それが女性の象徴であり男性からも注目される部分だけに悩みはつきません。
Copyright © 豊胸手術を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。